Covid-19自然感染で子供の抗体はどのくらい持続するか?問題

FavoriteLoadingAdd to favorites
3
Rated 3 out of 5

SARS-CoV-2自然感染による抗体反応って大人と子供でちょっと違うんじゃない?って話は前からありますが、特に長期的なところはよくわかってなかったりします。なんせ子供は感染しても無症状のことが多いし重症度という観点からも優先度はどうしても低くなりがちですからねー。

そんなところで新しいデータ(R)では、「子供のSARS-CoV-2自然感染で血中抗体はどのくらいの期間持続するか?」ってあたりを調べてくれてました。子供にワクチンを受けさせるべきか?といった問題の判断にも役立ちそうな内容っすね。

これは2020年10月に始まったTexas CARES調査に登録されたテキサスの5歳~19歳の子供218人を対象に行われた研究で、ワクチン普及前、デルタ株、オミクロン株が主流だった3回のタイムポイント(2~3か月間隔で合計6~8か月のうちに3回)に全員の血中サンプルを採取してます。

さらにそれぞれの採血時に症状の有無、重症度等についてもチェックしたところ、以下のようなことがわかりました。

  • サンプルの半数以上(58%)が3回目の測定で抗体反応が陰性だった
  • ベースラインの時点で抗体を保有していた子供のうち、96%が6か月以上後でも抗体を保有し続けていた(平均7.2か月)
  • 抗体の保有に関して、3回のうちいずれの時点でも症状の有無、重症度、性別、年齢、BMIによって違いは見られなかった
  • また、民族による違いもなかった

ということで、「子供たちの自然感染由来の血中抗体は少なくとも半年くらいは持続しそう!」って結果ですね。

もっともこの研究には注意点もありまして、ワクチンによる防御効果がごちゃごちゃしちゃってるんですよねー。というのも、1回目の測定時には7.3%、2回目の測定時には9.6%、3回目の測定時には17.9%の子供がワクチンを接種してて、これで結論は出せないよなーって印象なんですよ。

6か月以降はどうなのか?とか閾値ははっきりしないし、大人を対象にした研究では自然感染とワクチンによる免疫をミックスした場合の方が防御能が上がるよ!って報告も多いんで、この結果だけを見て「子供にワクチンは不要だ!」って結論するのは尚早かもよーってとこはご注意いただければと。

まあ逆に「子供だろうとワクチンが必須だ!」とも言えないのが難しいとこですが。

Tomohiro Okugawa

科学的知見を自分の体で試して、日常生活に活用していく人。知識の収集が趣味で一般向けにその共有をしたいと思って執筆中。京都大学環境衛生学等。

コメント

この記事へのコメントはありません。

求む──私たちと一緒にエビデンスを発信しませんか?
Homo Evidenceライターになる
あなたが持つリテラシを発揮してみませんか?
Homo Evidenceライターになる