ナッジでワクチン接種率を上げるって戦略はもう有効期限切れなのでは?という研究

FavoriteLoadingAdd to favorites

以前、「簡単なテキストリマインダータイプのナッジでワクチン接種率を上げられるぞ!」みたいな話をしましたね。ここで紹介した研究はインフルエンザのワクチン接種をテーマにしたものでしたが、コロナワクチンでもテキストリマインダーに効果があるぞ!ってことは確認されてて(R)、実際にワクチン接種率を上げるために利用している国もあったりしたらしいんですな。つまり、リマインダーを受け取った参加者はその後ワクチンを接種する確率が高くなる!って効果が期待されてたわけです。

が、新しく出た論文(R)では、「テキストリマインダーがワクチン接種率を上げる効果はもうほとんどないのでは?」って結論になってました。ワクチンを受けられるようになった直後では効果があったかもしれないけど、一定期間たってもワクチンを受けていない人にリマインドしても効果はないのではないか、と。

これがどんな実験だったかといいますと、

  1. 2021年5月~6月の時点で1回目のワクチンをまだ受けていないロードアイランド州の大人142,428人が対象

  2. 全員を行動科学の知見に基づいた8種類のメッセージのいずれかを受け取る、または何も受け取らないの9グループに分ける

  3. メッセージを受信してから1週間後と研究期間終了時においてワクチンを受けた人の数をチェックする

みたいになってます。ロードアイランド州では2021年4月から全員がワクチンを受けられる体制になっていたらしく、5週間くらい予防接種を受けていなかった人に対してもリマインドがワクチン接種率の向上に寄与するかを調べたわけですね。

ちなみに、ここで使われた8つのメッセージはこんな感じです。

  • オーナーシップ:「Covid-19ワクチンがあなたのために準備されています」(先行研究ではこれが一番効果があった)
  • 安全性:「様々なバックグラウンドを持つ1.5億人の人がワクチンを受けています。とても安全なワクチンです」
  • メリットの強調:「ワクチンはCovid-19の重症化を防ぐのに極めて効果的です」
  • 弱みの開示:「なぜ一部の人がCovid-19で重症化するのか、はっきりとは分かっていません。しかしワクチンが大半の場合これらの症状を予防することは分かっています」
  • アクセスの良さ:「無料のCovid-19ワクチンが州のあらゆる場所で受けられます。予約も保険もその他の書類も必要ありません」
  • 家族の心配:「家族の安全を考えてあげてください」
  • ソーシャルプルーフ:「60万人以上のロードランド週の住民が既にCovid-19ワクチンを接種しています」
  • ソーシャルプルーフ+家族の心配:「家族を守るとともに、既にワクチンを打っている60万人の仲間に加わりませんか?」

どれも説得や影響力の文脈ではそれなりの効果が得られることが判明しているものばかりっすね。

で、結果はこんな感じになりました。

  • 全体的に、メッセージを受け取った人の中で研究期間終了時にワクチンを接種していたのはたった2%だった
  • メッセージを受け取らなかった人に比べてワクチン接種率が高くなったり低くなったりしたメッセージは一つもなかった!
  • 最も大きな効果が出たメッセージでも、メッセージを送らなかった人と比べたワクチン接種率の違いはたった0.2%だった

だったそう。つまり、ワクチン接種直後では有効だったかもだけど、それから数週間後ではもはや有効な戦略ではなくなってしまっているのかもしれない、と。ローコストな割に効果がでかい!って注目されてたんでちょっと残念ですねぇ。

なんでこのような結果になったのかってところが気になりますが、研究チームの推測としては、

  • ワクチンが接種可能になってから1か月以上たってもまだ接種していない人であることを考えると、単に反ワクチン的な意見が強く、そのため「ナッジ」に対して抵抗を示したのでは?

って感じになってます。まだまっすぐ立っている人の背中を押して前に一歩踏み出させることはできるけど、既に後ろに傾いちゃってる人の背中を押しても足を踏み出させるだけの力はないんじゃないのか、ってことですね。

とはいえ、もうメッセージを送るのはやめたほうがいい!って話ではなくて、研究チーム曰く、

メッセージキャンペーンによってワクチン接種率が減少したという証拠はないので、潜在的な害はほとんどない。

とも付け加えておりました。まあ今まで期待されてたほどの効果はないかもだけど、別にナッジはもう期限切れ!即中止!とするほど害のあるものでもないんじゃないのか、と。

たしかにブースターの場面での有効性とかはまだわからないところも多いですし、今後の研究も注目しときたいところですねー。

– Evidence from a statewide vaccination RCT shows the limits of nudges

3.8
Rated 3.8 out of 5
Tomohiro Okugawa

科学的知見を自分の体で試して、日常生活に活用していく人。知識の収集が趣味で一般向けにその共有をしたいと思って執筆中。京都大学環境衛生学等。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

求む──私たちと一緒にエビデンスを発信しませんか?
Homo Evidenceライターになる
あなたが持つリテラシを発揮してみませんか?
Homo Evidenceライターになる